その印鑑が実印として効力

-

-

愛車を買い取ってもらうときや、また売買の時も印鑑証明というものがなければなりません。

この印鑑証明に関して説明しましょう。

印鑑証明書とはある印鑑が実印として認められていることを証明するための書面です。

この書類がないと、その印鑑が実印として効力を持つという事実が実証できません。

個人にとっては相当高額な商談になる愛車の売却ですから実印が必要になりますが、それと一緒に印鑑証明が必要となるのです。

この印鑑証明を実際に発行するためには、発行前に印鑑証明をする必要があります。

書類に登録する印は正式には実印と言われ、唯一無二の印鑑であることが必須です。

印鑑を用意して、最寄の市町村役場の取次ぎ所に行けば印鑑登録できます。

印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードというものが発行され、そのハンコは実印として使えるようになったということになります。

印鑑証明書を発行してもらうには、役所の受付へ行き専用の書類に必要事項を記載して印鑑登録カードを持って行く必要があります。

他にも、自動交付機を使って印鑑証明を交付する事が可能です。

印鑑証明には有効期限などはありません。

なのでいつ取得した印鑑証明であっても効力はあるのです。

しかしながら自動車買い取り時には、必要になるのは現在より3ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。

普通は期限を定める必要はないのですが買取の時は、買取先が期限を設定していますので、もしも自動車買い取りを検討しているのならば売却前に用意しておくとスムーズに進みます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.ebrainco.com All Rights Reserved.